So-net無料ブログ作成

水谷豊が、3人の相棒を語る!? 卒業後の活動も楽しみ! [芸能]

この記事は、3分で読めます。

ドラマの相棒と言えば、すぐに分かる、水谷豊の主演の大人気テレビ朝日系の刑事ドラマ。

18日の放送「season13」最終回です。

2012年10月から水谷豊演じる警視庁特命係の杉下右京役として、3年にわたって務めてきたのだが、

その相棒が、甲斐亨役の成宮寛貴が特命係を卒業するようだ。


水谷豊が相棒が卒業を見送るのは、今回で、3人目。

初代の相棒、亀山薫(寺脇康文)・2代目神戸尊(及川光博)そして、今回の3代目の甲斐亨(成宮寛貴)

その3人の相棒について水谷豊が語っていた。

2.jpg
http://matome.naver.jp/odai/21423016488177655・・・・より引用


●「相棒」を卒業した後の活躍も楽しみ

話し始めは、寺脇康文から、話し始めました。

寺脇康文さんとは、「相棒」の映画を作るまで頑張ろうと思いながらシリーズを続けてきました。

スポンサーリンク





それが、にわかに映画ができるという時代が来たんですよね。

相棒の映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」が2008年に公開された後、

4.jpg
http://ameblo.jp/yamabiko141/entry-10814819077.htmlより引用

寺脇康文が卒業しました。

もう一つ、彼が主役をやれそうな俳優になることも目標持っていたんです。

相棒の卒業の後、寺脇康文が、主演ドラマを作ってくれたのは、うれしく思いました。


次に2代目の及川光博が話をしました。

3.jpg

彼は、これまで1年のスケジュールが多く、ライブツアー等の音楽活動に当てていたのですが、

それを崩して、3年間も相棒に付き合ってくれました。

ドラマ「相棒」が世間にも定着し、多くの人が意識をするようになって、ますます面白くなってきた時期でもありました。

私もそうでしたが、制作陣・及川光博の事も感謝で、送り出したと思っています。

今回は、この辺にします。 次回も続きは、こちらへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

FX