SSブログ

ダルビッシュ有がトミー・ジョン手術に決断できない理由とは? [スポーツ]

この記事は、3分で読めます。

トミー・ジョン手術はNPBでも30年以上前から行われている

3月8日にダルビッシュ有の右肘(ヒジ)靱帯(ジンタイ)の分裂したにユースは、

日米の野球界に大きなショックです。

手術を受けるとなると今季は、絶望になる可能性が高い。


1.jpg
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/43702375.htmlより引用

手術は、いくつかあるのだが、有力な手術が、トミー・ジョン手術だ。

このトミー・ジョン手術は、NPBで、30年以上前から行われており、

50回以上の手術成功例もある。


ちなみにだが、トミー・ジョンとは、この手術を初めて成功した、選手の名前を取ってつけたらしい。

トミー・ジョン手術の正式な手術は、ヒジの側副靱帯再建手術というらしい。

この、トミー・ジョン手術は、主な選手の手術前と後と成績もいくつかあるようだ。


スポンサーリンク





日本人でも、トミー・ジョン手術を受けている選手もいるようだ。

日本人で初めて手術を受けた選手は、ロッテの信じ王になった三井です。

1978年に肘(ヒジ)を痛め、この手術の開発者のフランク・ジョーブ博士が執刀しました。

残念なことに肘(ヒジ)の状態は、元には戻らない結果となった。




しかし、成功事例もある。

日本の同じロッテ選手村田兆治です。

毎週日曜日にマウンドに上がって、サンデー兆治と呼ばれるほど、回復し、大注目の的になった。


次の記事で、成功した選手などをお伝えします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます
FX