SSブログ

ダルビッシュ トミー・ジョン手術を決意! しかし、麻酔が怖い? [スポーツ]

この記事は、3分で読めます。

レンジャーズは、3月13日に右肘靱帯(ヒジジンタイ)の部分断裂を負ってしまった

ダルビッシュ有が、スポーツ報知既報通りに、

再建手術(トミー・ジョン手術)を3月17日に受けることを決断しました。

同日に会見を行ったダルビッシュは、前向きな姿勢で、手術に挑む決意をし

たことを発表しました。

今回の怪我に関する記事を下記に書いています。

・ダルビッシュ有がトミー・ジョン手術に決断できない理由とは?

・トミー・ジョン手術を受けた選手たちはいったいどうなった?


だが、今回のトミー・ジョン手術を受けるということは、今季をあきらめることになるが、

ダルビッシュは、今より来年以降ずっと続けれるという可能性があるなら・・・

と前向きな姿勢で、決意をあらわにしている。

※youtubeより引用

ダルビッシュは、決断したのは、初診のトミー・ジョン手術した方がいいと言われた

瞬間に決意をしていたが、周りの選手からも2人目・3人目と診察を

受けた方がいいと言われていたので受けました。

と話をしているダルビッシュ

失望は、していなく、むしろ、チームに貢献できること等をポジティブな

性格で暗い気持ちは持たないようにしている。

1.JPG
http://mrtrendnews.jp/57.htmlより引用

ただ、手術のイメージは、単純に麻酔が怖いらしい。

手術に関してだが、昔に比べると、医療技術の進歩もあって、

トミー・ジョン手術の成功率は90%以上になっている。

しかも、術後のリハビリ期間に関してだが、昔までは、

約2年以上必要としていたが、今では、12か月~15か月と言われている。

スポンサーリンク





術後に関しては、2週間ぐらいは、絶対安静で、その後、リハビリを始める。

リハビリは、まず、肘(ヒジ)の可動域を元に戻すところから行い、

問題が無くなって来れば、筋トレもできるようだ。

個人差はあるが、キャッチボールの再開するのが、早くて、術後4か月。

その後、ブルペン入りするのは、8か月ほどで、入れる可能性があるようだ。

手術を決断したダルビッシュ選手!今よりも、チームの為に受ける決断は、

本当にすごいこと思います。

無事に手術が成功し復帰するのを応援しています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます
FX